抜け毛予防に

育毛シャンプーの正しい使用の仕方

まずは風呂に入る前に荒目の櫛でブラッシングしましょう。
もつれたりしている場合はゆっくりと髪の根元を持ち、傷まないようにゆっくりと梳きほぐしていきましょう。
目の荒いブラシで髪が生えている方向と逆に梳かし、ブラシが頭皮にあたらないよう気を付けるようにしてきださい。
それからゆったりと湯船に浸かります。

あまり熱いお湯ではなく、ぬるま湯に半身浴などでじっくり浸かることにより、頭皮の毛穴を開かせます。
そうすることによって毛穴の奥の汚れが落ちやすくなるからです。
基本的に育毛シャンプーは毎日するようにしましょう。

またシャンプーをする前に湯で洗うことによって、湯船に浸かることで浮き出た汚れなどをますます落としやすくします。
基本的にきちんとシャンプーしている時のものを濯ぎ落とす時と同じように洗い流していきましょう。
こうしてしておくと頭皮に水の膜を作ることができ、頭皮への刺激を和らげることができるだけでなく、汚れが落ちやすくなるのです。
育毛シャンプーを適量手に取って、まずは手の上で泡立てます。
残念ながら育毛シャンプーは市販のシャンプーのようにまでは泡立ちません。

足りないのではありませんので適量をきちんと守ってください。
直に頭皮につけるのは刺激が強すぎますので、やめましょう。
まずは髪の毛を手で包むように洗い、次に頭皮にといきます。
指の胎を使い、マッサージするように、決して爪を立てないように洗ってください。

だいたい1分くらい洗ったら素早く洗い落しましょう。
育毛シャンプーだからといっても特別な表記がない場合は浸透させることはありません。
湯でしっかりと育毛シャンプーを洗い流してください。
育毛シャンプーは洗い残しがないように落ちやすくなっていますが、洗い残しがないようにしましょう。
後はしっかりと丁寧に水気をふきとり、自然乾燥が好ましいのですが、渇かなくては意味がありませんので、ドライヤーを使って手早く乾かすようにしましょう。

Copyright(C) 2013 頭皮を甦らせる方法 All Rights Reserved.