抜け毛予防に

ノンシリコン配合の育毛シャンプーとは?

育毛シャンプーにはシリコンは入っていません。
入っていたら育毛の妨げになってしまいます。
シリコンというのは分かりやすくいうとコーティング剤のことでありますので、髪を艶かに感じさせてくれる効果はあるのかもしれませんが、育毛には向きません。
例えるのならば髪にワックスなどを塗る様なもので、髪だけならばともかく頭皮に着いてしまったら取れずに育毛の邪魔にしかならないためです。
油成分は水では落ちません。

しかし取るためのシャンプーに含まれているのだとしたら、全く効果がないでしょう。
シリコンでコーティグされてしまっては生えようとしている髪の毛は、それ以上伸びることが出来なくなり、閉じ込めてしまうことになるのです。
頭皮の皮膚呼吸が妨げられ血行が悪化すると、毛根に栄養が届きにくくもなるのです。
育毛するのにシリコンが邪魔をしてしまうことになります。
ですから育毛シャンプーはノンシリコンで、その代わりとなる成分が各会社のそれぞれの工夫によって入っています。

それではシリコンは有害な成分なのかと考えてしまいます。
ある意味育毛に関しては有害ですが、髪を美しく魅せる効果をもっていると考えられます。
ただ普通のシャンプーの多くに入っていることを考えますと、髪を綺麗に魅せることに若い頃は重点をおいてしまうと言ってもいいのかもしれません。
確かに髪の毛が多くある時は綺麗になる事だけで選んでしまうと言えます。

そういう積み重ねが、育毛シャンプーの世話になることになるといってもいいのですが、それでは普通のシャンプーでもノンシリコンならばいいのでしょうか。
ノンシリコンシャンプーも育毛シャンプーのように植物性のオイルや柑橘系のオイルなどを使ってリンスやコンディショナーのようにしているという点では変わりがありませんが、使っているのはアミノ酸系の頭皮に優しいものではなく、界面活性剤です。
洗い上りがさっぱりとしますが、頭皮の大事な皮脂を剥がしてしまう事が多く、やはり育毛シャンプーのようにはなりません。

Copyright(C) 2013 頭皮を甦らせる方法 All Rights Reserved.