抜け毛予防に

育毛シャンプーに含まれるアミノ酸とは?

育毛シャンプーに多いアミノ酸ですが、それは頭皮や髪の毛の成分とも関係があります。
アミノ酸も頭皮や髪の毛もタンパク質の成分で出来ています。
そのために頭皮のケアとしての機能も与えてくれるうえに、髪がきしむようなことはありません。

界面活性剤を使っていないシャンプーのひとつである石鹸系は頭皮に対しては問題はありませんが、髪の毛がきしんでしまいます。
根元である頭皮が無事であったとしても途中で傷んでしまっては意味がなくなってしまいます。
育毛シャンプーに使われるアミノ酸は流し残しがあったとしても頭皮や髪の毛に吸収されていき、栄養にもなります。

勿論、わざと残すことではありません。
どちらかといえばさっぱり感のないアミノ酸系の育毛シャンプーが残っていると別の意味でベトベトになってしまいかねません。
頭皮の余分な皮脂をとらないだけで十分な効果があるのですから、きちんと洗い流すように心がけましょう。
ですがそれほどに問題ないともいえるのです。

また皮脂が取り除かれていないということは頭皮が守られているようなものです。
頭に日焼け止めを塗ることはありませんが、それに近い役割をはたしてくれるのです。
皮脂は古いものはさっさととれていき、それがフケなどや汚れになります。
つまり日に当たっても頭皮自体のダメージが軽減されるというわけです。
アミノ酸シャンプーに含まれる洗浄成分は洗浄力もほどよく、頭皮を傷つけることもないためにまさに理想と言えます。

そんなにいいものならば育毛シャンプーだけでなく使いたいと考えてしまいます。
育毛シャンプーと書かれているから買いにくいという面もあるでしょう。
アミノ酸系は値段が高いのにさっぱりしないということから育毛シャンプーという価値がなければ売れないようなのです。
ですがさっぱりと感じるのは余分な皮脂も取ってしまっているからということを考えると、育毛だけではなく、育毛シャンプーを使ってみてはいかがでしょうか。

Copyright(C) 2013 頭皮を甦らせる方法 All Rights Reserved.